薬を飲む男性

性器ヘルペスはポピュラーな性感染症のひとつで、単純ヘルペスウイルスに感染して発症すると性器や肛門の周囲に強い痛みをともなう水疱(水ぶくれ)や潰瘍(びらん)ができます。症状は1~3週間程度で治まって自然治癒しますが、治った後もウイルスが神経の内部に潜み続けるので何度も再発する恐れがあります。

単純ヘルペスウイルスは1型と2型の2種類がありますが、両方とも性器ヘルペスを起こすことが知られています。ただし1型のウイルスは口唇ヘルペスの原因になる場合が多く、2型のウイルスは性器の周辺で発症するケースが多いです。大半の人は子供の頃に性行為以外の経路で1型のウイルスに感染していますが、2型のウイルスは成人になってから性交渉で感染する場合が多いようです。

皮膚や粘膜の表面に痛みをともなう腫れや水疱ができるヘルペスは、通常は放置しても自然治癒します。ただし、ウイルスに初感染したり免疫力が弱っている場合は重症化することがあり、発熱やリンパ節の腫れなどの全身症状が発症する恐れがあります。性器や口の周辺にヘルペスができても自然治癒するまで放置する人もたくさんいますが、抗ウイルス薬を服用して治療をすることが可能です。ヘルペスが発症した時に抗ウイルス薬を服用して治療を開始すれば、治癒までに要する期間を数日程度に短縮することができます。

ヘルペスの病原体はウイルスなので、抗菌薬(抗生物質)を服用しても効果は期待できません。性器ヘルペスの治療をするためには、抗ウイルス薬を使用する必要があります。バルトレックスの有効成分は体内でヘルペスウイルスの増殖を阻止する抗ウイルス薬なので、発症した時に服用すると治療効果が期待できます。

バルトレックスの有効成分はバラシクロビルと呼ばれる抗ウイルス薬で、薬を飲むと体内でウイルスの増殖を阻止する物質に分解されて治療効果を発揮します。細胞に感染したウイルスは、自らの遺伝情報のコピーを作成して増殖を繰り返します。バラシクロビルが体内で分解されてできる化学物質は、ウイルスのDNAの中に取り込まれるという性質があります。バラシクロビルから生成される化学物質が作成途中のウイルスの遺伝子に取り込まれると、DNAの伸長が止まります。バラシクロビルから生成される成分が作用して十分な長さのDNAを合成することができなくなることで、ヘルペスウイルスの増殖を阻止する仕組みです。

バルトレックスを服用すると、体内でヘルペスウイルスが増殖する働きを阻止することができます。ただし、バルトレックスの有効成分は既に存在しているウイルスを不活性化させる効果はありません。このため、ヘルペスの治療をする場合はウイルスの数が少ない発症初期に服用を開始することが大切です。発症初期にバルトレックスを服用してヘルペスウイルスの増殖を阻止することができれば短期間で治癒させることができ、重症化を防ぐことができます。バルトレックスは、皮膚科などで受診してヘルペスと診断されると処方されます。

バルトレックスの有効成分はヘルペスウイルスの増殖を阻止することができますが、細菌の増殖を防ぐ抗菌効果はありません。このため、バルトレックスを飲んでも細菌感染症の治療をすることはできません。

性器ヘルペスが発症すると、1~3週間もの長期間にわたりチクチクする強い痛みの症状に悩まされることになります。発症中は患部から膿とともに大量のウイルスが放出されるので、他の人にうつしてしまう恐れがあります。性器ヘルペスが発症した時にバルトレックスを飲んで治療を開始すれば、数日程度で不快な症状から解放されます。短期間で治すことで、他に人に病気をうつさないようすることもできます。性器ヘルペスが発症した時は、自然治癒するまで待たずにバルトレックスを飲んで早く治すようにしましょう。